7月2回目の「御詠歌教室」

橫浜で御詠歌は西方寺

去る7月27日に7月2回目の御詠歌教室を開催致しました。

今年の夏は異例の暑さで心配しましたが、いくらか涼しい日で安心しました。

8月10日の大施餓鬼会に向けてのお稽古ということで「お施餓鬼」「お盆」のお話をしました。お施餓鬼は餓鬼に食べ物やお水を施すことによって餓鬼を餓鬼界の餓鬼を救うことです。「大施餓鬼会」は多くの僧侶をお招きし一会の法会を営み施餓鬼によって得られた功徳を我々のご先祖に回向することによってご先祖を供養する法要です。

話しをしていると時間がすぐに経ってしまうので、慌ててお稽古へ。

「いろは歌」からお唱え。お唱えだんだん速くならないように練習。

引き続き「相互供養和讃」のお唱え。ほがらかに明るくお唱えするように指導。

所作に慣れていない方が多いので所作を座るところから説明、これが時間がかかるのです。途中休憩を挟みました。

おやつは「わらび餅」(写真取り忘れてしまいました)人数が増えたせいか話しが弾みますね。でも今日は時間が。ということで少し早めに後半のお稽古へ。

所作のおさらいをしながら二曲を鈴鉦をつけてお唱え、当日の流れの説明し鈴鉦に慣れていない方は鈴鉦なしでお唱えすることに。

最後にみんなで本堂へ移動し現地でお唱えの練習をしました。本尊様の前でお唱えすることが出来て皆さん感激してくれました。これから定期的に本堂でお唱えすることにします!

慌ただしく一通りのお唱えを済ませお稽古が終わりました。8月10日宜しくお願いします。

8月のお稽古はお休みです。

9月のお稽古の予定は

9月14日(金)13時半~

9月28日(金)13時半~

です。初心者の方が多いので活気があります。是非この機会に御詠歌をはじめませんか?基本的なことから丁寧にやっていますので安心して見学にお越し下さい。ホームページからでもお電話(045-531-2370)でも構いませんのでご連絡下さい。宜しくお願いお願い致します。

西方寺の公式ホームページはこちら

 

7月1回目の「御詠歌教室」

御詠歌教室は西方寺

本日、7月1回目の御詠歌教室を開催致しました。

8月の大施餓鬼会に向けてのお稽古として「いろは歌」からお唱えから始まりました。

だいぶ皆さん上達されてしっかりお唱え出来ているようでしたので引き続き「相互供養和讃」のお唱えへ。陽旋の曲の特徴などを説明しながら何度も繰り返し。慣れてきたら強弱をつけてと指導。

その後、鈴鉦の所作のおさらい鈴鉦をさばいて、お唱えできる体勢へ、詠題から鈎杖、鈴を取りに行くタイミング、さらにお唱えの終わってからの所作を説明しながら練習しました。

まず「相互供養和讃」を所作をつけてお唱え、テンポもよくかなり上達しました!

休憩へおやつのゼリー美味しかったです。会話も弾みついつい休憩が長めになってしまいます。

休憩の後、「いろは歌」に所作を付けて。打ち違いに注意しながら。

最後に畳の上で経典を使っての座り方、鈴鉦の所作、お唱え、終わりの所作から立ち上がるまでの一連の所作を説明。次回改めてやることを約束して今日のお稽古は終わりました。

次回のお稽古は

  7月27日(金)13時半~です。

※8月のお稽古はお休みです。

9月のお稽古の予定は

  9月14日(金)13時半~

  9月28日(金)13時半~

です。現在初心者の方が多いので基本から繰り返しやっています。雰囲気もとても賑やかです。この機会に御詠歌を始めてみませんか?

最初は見学(体験)して頂きます。資料はこちらで全部用意しますので手ぶらでお越し下さい。どなた様でも出来ますので是非お問合せ頂きご参加下さい。宜しくお願い致します。

西方寺の公式ホームページはこちら

 

 

6月2回目の「御詠歌教室」

御詠歌教室は橫浜の西方寺

本日6月22日(金)に今月2回目の御詠歌教室が開催されました。

ここのところお仲間が増えてとても活気があります。やっぱり大勢いるといいですね。本当に有り難いです。

始めに真言宗の瞑想法であります「阿字観」について、紹介させて頂きました。ストレス社会を乗り切る為に最近瞑想が注目されていること。真言宗にも瞑想法があること等。近々このお寺でも「阿字観瞑想会」をしたい。などお話しました。

さて、8月10日(金)に当山では「大施餓鬼会」が厳修されます。そのときに御詠歌を披露することになっています。今回も2曲、「いろは歌」「相互供養和讃」をお唱えする予定です。

なので、「いろは歌」からお唱え。続いて所作の練習、最初から説明しながら。その中で初心者の方から、法具(鈴・鉦・鈎杖)の名称について質問があり、「そうか・・」法具の説明していたかったことに気付きました。説明もせずに専門用語のように使っていました。「御詠歌Q&A」を使いながら改めて説明。鉦の打ち方、鈴の持ち方など。あっという間に時間は過ぎますね。

一曲みんなで所作付きで「いろは歌」をお唱えしました。前回よりすごく上達していることに驚き。感心しました。休憩・お茶タイムへ。  とても賑やかでした。

新しい方々のお名前が分からないとの声があり私から自己紹介、自分の名前の事などを話しみんなで自己紹介してからお稽古再開しました。

後半も所作、曲の終わりの所作。再度お唱え。終わりにもう一曲の「相互供養和讃」をみんなでお唱えして終わりました。今回もあっという間でした。

7月の予定は

7月 6日(金) 13時30分~16時まで

7月27日(金)13時30分~16時まで

現在、初歩から御詠歌をお稽古しています。もし、ご興味がお有りになるようでしたら見学から随時受け付けています。最初は手ぶらで構いません。プリント等はすべてご用意します。費用のかからないように鈴鉦の貸し出しもしています。是非ご連絡(HPからも受け付けています。)下さい。(TEL045-531-2370)

宜しくお願い致します。

西方寺の公式ホームページはこちら

6月1回目の御詠歌教室

御詠歌は橫浜市の西方寺

去る6月8日(金)午後13時半より6月1回目の「御詠歌教室」が開催されました。

先月見学に来てくれた2名の方が、新たに入会されました!とても嬉しく有り難いです。長く続けて頂けるように努力致します。宜しくお願い致します。

真言宗で6月というと「青葉祭」です。宗祖弘法大師・空海のお誕生日なのです。

ですから青葉祭には「誕生和讃」をお唱えすることが多いです。

今回は始めに「誕生和讃」を簡単に説明しながら一回お唱えを聞いて頂きみんなでお唱えしました。この和讃は和讃から御詠歌の「楊柳」に歌詞を乗せてお唱えするのでとても長い曲になります。

ほがらかにとても明るい曲でお大師様の誕生を祝う曲です。初心者の方達には少し難しかったかもしれません。毎年お唱えするのでまたしっかりお稽古したいです。

引き続いて今年の「お施餓鬼」でお唱えする曲を練習しました。毎年当山では8月10日に大施餓鬼会」を厳修します。その時に御詠歌を披露しています。

今年は「いろは歌」と「相互供養和讃」をお唱えする予定にしています。

今回は「相互供養和讃」を中心にお唱えしました。金剛流御詠歌の基本理念である「相互供養・相互礼拝」を和讃にした曲です。それは金剛界曼荼羅の「成身会」に示されている大日如来を中心とした縁によって繋がった仏様の働きそのものであるとされています。

そんな少し難しい話をしていたら時間が・・・。ちょっと話が長くなってしまい反省。

そんなこんなでお稽古は終わってしまいました。でもお唱えはしっかりしましたよ。

実はその日は東京の東村山までお通夜に行くことになってましたので少し早めに終わりになり皆さんで休憩・お茶タイムの後解散とさせて頂きました。申し訳ありません・・・。

次回の予定は

6月22日(金)13時半~

7月の予定は

7月6日(金)13時半~

7月27日(金)13時半~

となっています。初心者の方、大歓迎です。御詠歌を始めませんか。頭の体操・癒やし・声を出すことも健康にとっても良いですし、仲間も出来ます。お寺との繋がりも出来ますし、普段出来ない経験もできます!見学も随時受け付けています。鈴鉦も貸し出し出来ますので費用があまり掛からないように致します。

是非是非お越し下さい。ホームページからでもお電話でも結構です。

西方寺の公式ホームページはこちら

6月の「御詠歌教室」のお知らせ

御詠歌教室は西方寺

6月の「御詠歌教室」のお知らせです

6月「御詠歌教室」は

6月8日(金) 13時半~16時まで

6月22日(金)13時半~16時まで

です。初心者の方大歓迎です。ちょうど初心者の方が多いので今がお勧めです!

最初は見学からで資料等もご用意致します。

是非ご連絡下さい。

ホームページからでもお電話(045-531-2370)でも受け付けています。

何卒宜しくお願い致します。

西方寺の公式ホームページはこちら

5月2回目の御詠歌教室

御詠歌は西方寺

暑かったですね~。

もう夏なんですね。でも体の準備がまだです・・。

西方寺では5月2回目の御詠歌教室がありました。なんと今日も1名の方が見学にいらっしゃいました!とても有り難いことです。お仲間に入って頂けたらうれしいです。

今日も基礎から。御詠歌とは・・。讃仏歌、巡礼歌、お経とは違って一般の方々、四国八十八カ所のような巡礼の中から生まれた歌です。だれでもが実践できる成仏道なんです。等々説明から・・。

「いろは歌」からお唱え。弘法大師の御作で涅槃経の「四句の偈」

諸行無常・是生滅法・生滅滅已・寂滅為楽  をそれぞれひらがなで歌ったもの。とても高度な技術を要する歌なのです。等々・・。いろはにほへと・・・くらいまでは皆さん知っていますが。これが成仏への道のりを説いているとは、知らない人が多いです。御詠歌は仏教のことも分かりやすくしてくれます。お勧めです!!

簡単に譜面の見方を説明しながら何度かお唱え。鈴鉦の使い方も最初からおさらいしながら。鉦の持ち方、鈴の持ち方、一曲お唱えするには・・等々。

休憩へ。講員さんがあられを揚げて来てくれました。これが美味しいのです。あと目黒の「ちもと」の「八雲もち」不思議な食感と味が好きで買いに行って来ちゃいました。

残りの時間で「札打和讃」所作(鈴鉦)が難しいので初心者の方々も見よう見まねでやってくれていました。今月考査を受ける講員さんがいるので座ってからの所作、お唱え、終わってからの所作までやってもらう。今日もあっという間でした。参加頂いた方々、有り難うございました。

来月の予定は

6月8日(金)13時30分~16時まで

6月22日(金)13時30分~16時まで

です。見学・体験も大歓迎です。初心者の方が多いので基礎からやっています。

※御詠歌って何?何曜日の何時からなら行けるのに!等の質問やご要望もお待ちしております。何卒ご興味のある方は是非お問合せ、ご参加ください!!

西方寺の公式ホームページはこちら

5月 1回目の御詠歌教室

御詠歌は西方寺

今日は一日の中で季節をいくつも経験するようなお天気でしたね。

西方寺では今月1回目の御詠歌教室がありました。

なんと!今日は2名の見学の方がいらっしゃいました!新しい方がいらっしゃると一気に教室内も活気づきます。とても有り難いことです。

今のお教室は初心者の方が多いので前回同様、前半は基礎的な事からやっています。

合掌の仕方、稽首礼拝の説明・・・虚心合掌の仕方、仏足頂礼、仏様(仏陀)の御足を頂く。仏様の足跡、教えを頂く。

などの説明から、音符の見方を説明。説明しながら御詠歌の音符は最初は分かりにくいのですがやっているうちに五線譜が分からなくても誰でも分かるようになるところがいいところだと、ふと思いました。

「いろは歌」のお唱え。譜が右廻に変化すると音が上がり、左回りに変化すると音が下がることを説明。みんなで何回かお唱え。だいぶ慣れてきたと実感。

鈴鉦扱いから一曲をどのように鈴鉦を使いながら唱えるかのおさらい。詠題から最初の鈎杖(しもく)を取りに行き鈴を取るところが難しいのです。何度も練習したいところです。打ち違い、最後の終わり方。鈴の持ち方、鈎杖の打ち方。所作は時間がいくらあっても足りないですね。

御詠歌は口で曲を唱えて、右手で鉦を打ち、左手で鈴を鳴らしながらやるのですから大変頭を使います。認知症予防にこんなに良いものはないですよね。皆さん頭をフル回転させています。癒やしだけではないのです。考えてみるとすごいことです。

休憩は30分、あっという間に過ぎます。お菓子をいただきながらみんなでお話。これが楽しみなのです。話が尽きずに再開がいつも遅れがちに・・。そろそろいいですか~と声を掛け後半へ。

前回同様「札打和讃」。所作が難しいので改めて解説しながら。初心者のみなさんも見よう見まねでがんばってました。あっという間に時間に・・。

次回は

平成30年5月18日(金)13時半~です。

本来は第4金曜日なのですがこちらの都合で来週となります。なかなか予定通りにいかないのが悩みです。皆さんにはご迷惑お掛けします。

今、新しい方が参加して頂き、とても活気があります。是非少しでもご興味のお有りの方がいらっしゃったら是非、見学だけでもお越し下さい。今がとてもお勧めです。

ちなみに6月の予定は

6月8日(金)13時半より

6月22日(金)13時半より

です。是非是非ご参加下さい。宜しくお願い致します。