「西方寺の蝋梅」見頃情報2

横浜の蝋梅は西方寺

寒い日が続きますね。「西方寺の蝋梅」見頃情報をお知らせ致します。

今はちょうど五分咲き~六分咲きくらいでしょうか。

蝋梅は最初の花が咲き始めて満開になるまでかなり時間差があります。ですので満開になる頃には、早めに咲いた花が枯れ始めています。瑞々しい花をご覧になりたい方は五分咲きくらいの方がお勧めです。

満開の蝋梅を見たい方は月末からがお勧めです。

西方寺の公式ホームページはこちらCIMG1596 CIMG1592

 

 

「西方寺の蝋梅」 見頃情報

横浜市港北区新羽町の西方寺

あけましておめでとうございます。

今年のお正月は穏やかな気候でいいお正月でした。

今年も何卒西方寺をよろしくお願いします。

天気はよいのですが、やはり寒いようです。よって、蝋梅も遅れているようです。

葉っぱが落ちきらないのです。原因は分かりませんが・・・。ただ花は少しずつ咲き始めています。

見頃は今月末くらいからではないでしょうか。CIMG1578 CIMG1576

 

 

大晦日 『除夜の鐘』 のお知らせ

師走ですね。境内は、今が落ち葉の最盛期です。

大晦日の「除夜の鐘」のご案内

〇 大晦日  午後11時50分より

〇 どなたでも鐘をつくことが出来ます。

〇 先着100名~150名くらいまで豚汁のお接待がございます。なるべくお早めにお越し下さい。

 

西方寺公式ホームページはこちら

 

紅葉の西方寺

横浜市港北区の西方寺

朝晩、だいぶ寒くなってきましたね。西方寺も紅葉してきました。

銀杏はもう少しですね。だんだんと紅葉が遅くなっているように感じます。

IMGP0947IMGP0939お勧めは門から参道の方を見るとまるでキャンパスに描いた絵のように見えますよ。

是非お参り下さい。

 

横浜の西方寺の公式ホームページはこちら

 

 

永代供養墓『遍照殿』のご案内

CIMG1328横浜市の永代供養墓は西方寺

今日は、西方寺の永代供養墓『遍照殿』をご紹介致します。

近年、お墓事情が変わってきていると感じています。核家族化が進み、一つのお墓を代々引き継いでいくことが困難な時代になってきたのでしょうか。例えば、昔は、お子さんが娘さんだけの場合でも、婿をもらって家を継いでもらうことが多かったのが、今はそこまでするのは稀になったようです。また、結婚しない人も増加しています。子供に負担をかけたくないという親も少なくありません。

このような時代に、後継者がいなくても安心して入ることの出来るお墓が必要となってきました。IMGP0262

西方寺の永代供養墓は、(骨壺のまま、33回忌まで安置する方法)と(最初から合祀する方法)のふた通りの納骨方法がございます。供養もお寺が責任を持って行います。

詳しくは、西方寺ホームページをご覧下さい。

お気軽に御相談下さい。

 

横浜七福神 お開帳のご案内

横浜七福神・恵比寿大神の西方寺

新年の初詣でに「横浜七福神」を巡ってみませんか。

今年もあともう少しですね。来年の横浜七福神・恵比寿大神のお開帳のご案内です。

<お開帳期間     1月1日~1月7日まで>

お勧めの参拝方法は、「色紙で御朱印をいただいて巡る方法」と「お姿(ご神体)を集めて巡る方法」です。

詳しくは西方寺ホームページをご覧下さい。

 

 

バスで巡る「横浜七福神めぐり」のご案内

横浜市港北区、真言宗 西方寺

毎年恒例となっております横浜七福神をバスで巡るツアーのご案内です。

港北区内にございます「横浜七福神」を当山西方寺を出発し、副住職の先導で約半日かけて巡ります。

詳細は以下のとおりです。どなた様でもご参加出来ます。

お気軽にお問い合わせ、ご参加ください。

日   時     平成26年1月6日(月)    8時45分集合  9時出発

<集合場所>     西方寺客殿

<参拝寺院>     西方寺→東照寺→興禅寺→金蔵寺→蓮勝寺→妙蓮寺菊名池公園→正覚院→西方寺

<会   費>     5千円

<申し込み方法>  お電話(045-531-2370)かホームページのメール(お問い合わせフォーム)よりお申込み下さい。

<締め切り>     平成26年1月1日まで  (定員20名)

☆参拝はお昼すぎには終わります。参拝終了後、客殿にて昼食をご用意しております。

バスはマイクロバスか中型バスを予定しております。

以上

横浜七福神・恵比寿大神の西方寺の公式ホームページはこちら

 

「注連引き百万遍」を開催しました。

横浜市港北区新羽町の西方寺

本日、「注連引き百万遍」(しめひきひゃくまんべん)を開催致しました。IMGP0865

新羽町の中之久保町会の方々と「注連引き保存会」の方々、約30名ほど参加頂き、午後1時よりお地蔵様を囲んでのお念仏が始まり、お念仏の後、本堂前にて藁の大蛇作りが始まりました。

蛇作りの最中、恒例の新羽小学校の三年生の児童約100名が見学に来てくれました。子供たちの前で、保存会会長の伊藤増見住職が説明をし、その後、質疑応答、様々な質問がありました。子供たちは、なぜ藁で蛇を作るのか疑問に思ってIMGP0879IMGP0892いたようです。

会長は、「昔の農家には藁はどこにでもあって、とても身近なものだった。蛇は、怖いものでしょ。悪い病や災いが蛇に驚いて村に入ってこないように藁で蛇をつくって村の入り口に飾ったたんです。」と説明していました。

11月には小学校で生徒一人一人で藁で蛇を作ってもらう予定です。

西方寺の公式ホームページはこちら

「注連引き百万遍」開催のお知らせ

横浜市l港北区新羽町の西方寺

下記のように、「注連引き百万遍」(しめひきひゃくまんべん)を開催いたします。どなたでも参加出来ます。興味のある方はお越し下さい。CIMG0547 CIMG0543

「注連引き百万遍」は、村の子供たちの健康を祈り、村に伝わるお地蔵様を中心に念仏を唱え、同時に藁(わら)で4メートル~5メートルの大蛇を造り、村の入り口に掲げる江戸時代から伝わる新羽中之久保地区の風習です。

横浜市無形民族文化財に指定され、現在は有志による、「注連引き保存会」が引き継ぎ活動しております。

日時  平成25年10月21日(月) 午後1時より

場所  西方寺

西方寺の公式ホームページはこちら

西方寺の彼岸花の見頃情報(5)

IMGP0762 IMGP0768彼岸花の西方寺

平成25年9月23日(月)現在の見頃情報

今日はお彼岸のお中日ですね。

お彼岸の入りからお天気が続いてお参りも多いようです。

彼岸花は今が一番の見頃です。なるべく早めにお参り下さい。

萩も今年はよく咲きました。

横浜市港北区新羽町の西方寺の公式ホームページはこちら