御詠歌は橫浜の西方寺

ようやく涼しくなってきましたね。

西方寺では昨日9月14日午後13時半より9月1回目の御詠歌教室を開催致しました。

8月はお稽古がお休みでしたので久しぶりでした。皆さんがとても元気で嬉しかったです。

今月はちょうどお彼岸が近いこともあり「お彼岸」のお話から。お釈迦様の中道の教え、この自然界が中道の教えそのものになること。ご先祖に感謝するとともに自分自身の生き方を顧みる期間にして欲しいことなど。

お稽古はお施餓鬼会に相互供養和讃をせっかく唱えたのでこの機会に2部合唱をみんなでしたいと思い、主旋律の練習と低音部の練習。低音部は音が低いので女性にはちょっと出しにくそうでした。でもしっかりお唱え出来ているようでした。

休憩後、私が低音を皆さんが主旋律を担当で2部合唱へ。やっぱりつられてしまうようでしたが何回か繰り返しやっていくとしっかり2部合唱になってました。みんなつられないように必死で唱える経験が頭を活性化したみたいでとても楽しそうでした。また次回もやってみましょう!

残りの時間で「梵音」という曲の説明をしました。

「阿字の子が 阿字の古里 たちい出て また立ち帰る 阿字の古里」

阿字とは何か。また大日如来とは何か。お大師様がこのお歌を詠まれた時のエピソードなどをお話させて頂きました。また次回から曲のお稽古に入ります。

現在、人数も増えて活気があります。初心者のかたも多く、和気あいあいです。少しでもご興味がございましたら是非見学にいらして下さい。みんな大歓迎です。

次回のお稽古は

9月28日(金)13時半~

です。何卒宜しくお願い致します。

西方寺の公式ホームページはこちら

 

Tags:

No responses yet

コメントを残す

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
アーカイブ