旧小机領三十三観音(子年観音)は閉扉致しました。

12年に1度の御開帳が昨日4月19日(日)に閉扉致しました。本来ならば来月6日までの予定が約半分となってしまいました。

例年ですと御檀家さんに堂番をお願いし、お参りの方にお接待のお茶や煮た竹の子を振る舞ったり毎回様々な出会いがある御開帳のはずでしたが、残念ながら、色々な事が自粛となってしまいました。楽しみにしてくれていた方々には大変申し訳ありませんでした。

本日、扉を閉める前に本来盛大に行いたいところですが、お寺の者だけでささやかな法要を致しました。観音様への感謝、新型コロナウイルスの終息を願い法要を勤めました。

次回の12年後は盛大に御開帳が行われることを願い扉を閉じました。今は我慢の時、先ずは自分の身を守り、人との交わりを無くしましょう。

旧小机領三十三観音(子年観音)霊場 4月19日閉帳のお知らせ

以下のように子年観音の御開帳期間が変更となります。

何卒ご理解頂き、ご参拝頂きますようお願い致します。

子年観音霊場会よりのお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、緊急事態宣言が行われました。

日々刻々と変わる感染拡大状況を鑑み、全霊場による緊急決議の結果、

〈開帳期間〉

令和2年4月19日(日)まで

〈御朱印受付時間〉

午前9時~午後3時まで

尚、4月19日午後3時以降、閉帳後の子年観音の御朱印の受付は致しません。御朱印の受付再開予定は緊急事態宣言解除後(自粛要請解除後)となります。後日の再開帳の予定は今のところありません。

これは参拝者を拒むということではなく、人の移動や接触によるコロナウイルス感染拡大の防止の為です。御理解下さい。

参拝者の皆様におかれましては、堂内でのマスク着用、手洗い消毒等、他の参拝者と適切な距離を保ち、堂内が過密な場所にならぬよう配慮の上、御参拝願います。

令和2年 4月12日

4月の行事 中止のお知らせ

新緑の季節になり、晴れた日は過ごしやすい日和になってきましたが、今年の始めには予想もしなかった社会情勢になってしまいました。

普段当たり前に行ってきたことが当たり前でないことを思い知らされ、一人一人の努力が求められています。

社会情勢を鑑み、当山の4月の行事(写経会・御詠歌教室・阿字観瞑想会)は中止と致します。

5月の予定に関しましては、またお知らせ致します。何卒ご理解・ご協力をお願い致します。